家族葬の場合のポイント

家族葬とは、身内や親戚などごく内輪だけで行う葬儀をさします。

家族葬のメリットは参列者が少なく、故人との最後の時間をゆっくり過ごすことができます。
葬儀のマナーや参列者の対応や受付・返礼品など用意も必要ありません。
また、参列者が少ないので、費用も比較的安く済みます。

反対にデメリットは、会社勤めの人や友人が多い人は、デメリットが多くなる可能性があります。
家族葬というのは、基本的に親族のみが参列するので、友人や会社の人などは参列しません。
その場合、故人に思い入れが多い方は、葬儀の後に自宅に訪れる事になるので、その対応が手間になってしまう事もあります。

家族葬の内容は、葬儀・告別式(ごくシンプルに済ませる場合はお通夜の法要は行われない事もあります。)
葬儀・告別式の後、火葬場で火葬します。(通夜も葬儀も行わず、火葬のみの火葬式と呼ばれるものもあります。)

オプションとして、通夜・通夜式、初七日、会食などもあります。
その他にも、お供え物、供花、引き出物、香典返しなど細かな打ち合わせが必要です。