最近は家族葬を営む方が増えています

最近は多くの方が参列する一般の葬儀ではなく、近親者やごく親しい方のみで故人を送る家族葬を営まれる方が増えています。これは葬儀に高い費用を掛けるのは無駄だと言う思いと共に、しめやかに故人の思い出を語ったりして送りたいと言う気持ちから増えているものです。
家族葬専用の式場は一般的な式場に比べて面積が狭く、小さな祭壇でもみすぼらしく見えず、こうした実質本位で営む点と、参列者が少ない事で会葬御礼の品や食事費用などが少なくて済み、費用は一般の葬儀に比べて安く抑える事ができるのです。
一般的な葬儀を営む場合に、遺族は色々と大変で、ゆっくりと故人を偲ぶ事が出来ないのが、普通でした。これは忙しく立ち動く必要性がある事で、遺族が余りにも悲嘆にくれる事を軽減すると言う側面もあるのです。
一般の葬儀にも、家族葬にもどちらにもメリットもあり、デメリットもあります。どんな葬儀を営むかは、こうした比較で選択すれば良いでしょう。突然に葬儀を営むと言う状況になると、遺族はどこでどんな葬儀を営むかで戸惑うもので、超高齢の家族が居られる場合には、事前に近い親族でイメージを合わせておくと良いでしょう。