投稿者「peac」のアーカイブ

葬式にお金をかけたくない場合は

葬式は人生において欠かせないものですが、かなりの出費も伴うのが痛いところです。一般的な葬式を行う場合、ゆうに100万円を超えることも当たり前ですので、遺族の負担はかなりなものになってしまいます。
そこで最近は、あまり葬式にお金をかけないようにするという流れにもなっています。その象徴的なものともいえるのが家族葬です。家族葬は家族などごく親しい人のみで故人を送り出すスタイルで、列席者が少ない分、費用を抑えることができます。ただしこの家族葬は香典という一種の収入も減少しますので、この点についてはよく検討しておいたほうがいいでしょう。
さらに葬式そのものを省略する直葬というのも徐々に広がっています。直葬はその名が示すとおり、直接遺体を火葬場へ運んで火葬にすることをいいます。僧侶による読経を希望する場合は火葬場で読経してもらうこともでき、費用は家族葬よりもさらに抑えることが可能です。
ただしこれらの葬式のスタイルは保守的な親族などから批判を浴びる可能性もありますので、まずはきちんと説明をして理解を得ておくことが重要になります。