お金がない人が家族の葬式をするにはどうすればいいのか

お金がない人が家族の葬式をする時は、1日葬か火葬式のどちらかを選ぶことになります。1日葬の場合は、費用を最も安く済ませることができる儀式なので、お金がなくても安心して選べます。ただ、告別式とお通夜がないので、出席者の中には不満を感じる人が出ることがあります。不満を感じた人がいた場合は、お金がないと説明すれば納得してくれるはずです。あと、出席者の中に仕事が忙しい人がいた際は、その人から感謝される可能性が高いです。一般葬や家族葬は長いと3日かかる場合があるので、その時は仕事を3日休む必要があります。ですが、1日葬なら1日休めば済むので、会社に迷惑がかからないです。
火葬式はお通夜はありませんが、告別式はあるので、参列者に自身の気持ちを述べてもらいやすいです。費用のほうは1日葬よりもややかかりますが、出席者はこちらのほうが増える可能性が高いです。そのため、場合によっては費用よりも利益のほうが上回ることがあります。その時は他の人に知られると困るので、家族の間で内緒にしておくといいです。

生活保護受給者は、ギリギリの生活費しかもらっていないため、親が死んでも葬式ができないと考えている人がいますが、そんなことはありません。葬祭扶助制度というのがあるので、一定の条件を満たせば費用を全額支給してもらえます。

一般的な葬式をするためには200万円くらいの費用がかかると言われていますが、そこまでは出してもらえません。大切な国の税金が使われているので、支給されるお金は最低限度のものになります。最近では小さな葬式を行う人も増えており、20万円以内のコストで火葬だけを行ってくれる業者も増えています。通夜や告別式を行わないことで、費用を大きく削減できます。大人なら20万円程度、子供なら16万円程度が、葬祭扶助制度で支給してもらえる限度となります。

葬祭扶助制度を利用するときは、必ず事前に申請をしておくことが重要です。葬式が終わった後に申請をしても、費用は出してもらえません。かけたお金が故人への気持ちではないので、葬式は必ず行うようにしましょう。

<PR>GetMoney / 内職 アルバイト / 貯蓄 / 女性の人生 / オーディオ / 初値予想 / 童話 / 心の童話 / JALカード / 住宅リフォーム総合情報 / 女性向けエステ.com / お家の見直ししま専科 / 生命保険の選び方 /
英語上達の秘訣 / 工務店向け集客ノウハウ /